読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォーの男が、20年ぶりに数学の勉強を始めた

脱サラして数学に人生を賭けた無謀な男の物語

数学

懐かしいクリスマスCM 「JR東海 シンデレラエクスプレス」

【出会い、別れ】傑作集 CM編「JR東海 シンデレラエクスプレス」 この時期になると聴きたくなるCMソング。 かつてこんな時代が、確かにありました。この動画を見ると、熱いものが込み上げて来ます。 団塊ジュニア~バブル世代の人は皆、この曲を聴くとタイム…

コンビニの店員さんによく話しかけられる件

最近何故か、コンビニの店員さんによく話しかけられる。 男女年齢問わず。 近所のセブンとローソンだが、週2~3回買い物する程度だからまぁ普通の客だろう。 風貌が目立つせいかな?と、今日ふと思った。 バンダナ、長髪、伸びた不精髭で恰好だけは秋山仁…

パンルヴェ方程式

パンルヴェ方程式について調べていたら、今日がポール・パンルヴェその人の誕生日であることに気付いた。 ここ最近そういうことが多い。特に故人であれば誕生日か命日に、関係する情報に偶然接しているケースが本当に多い。 私は霊感とは全く無縁の凡人であ…

解析学の道へ

早いもので、もう師走である。 数学漬けの日々を送る中、ブログの時間も惜しくて更新をサボっていました。 こんなに夢中になったのは久々のような気がする。この半月は実り多い時間を過ごせた。 ひょんな事から、懸念だった研究テーマがかなり具体的に定まっ…

イプシロン・デルタ論法(ε-δ 論法)が分かった

【微分積分】関数の連続性(イプシロン・デルタ論法) 大学数学の最初の難関、その名はイプシロン・デルタ論法。 実数値関数の連続性について論じたものですが、実数の連続性の勉強ついでに本日勢いで挑戦しました。 これが分からなければ数学を諦めるつもり…

可換体 大学数学の愉しみ

オーバービューでも先取りでもなく、本業の勉強で初めて出会った大学数学らしい言葉。 「可換体」 意外と代数学の用語でした。 根が単純なので、しみじみと感動…。やっぱり高校の教科書よりずっと面白いなぁ。 今のところは、笠原本と内田本を同時進行するス…

数学の勉強、空腹と時間との闘いである件

空腹である。ハングリー。なんとも辛い。 どーんと食べてしまうと、集中力がひどく落ちる。ここで中断したくない…いつも葛藤である。 睡魔とはそこそこ闘えるが、空腹には弱い。先日のジーゲルのようには、私はとてもなれそうもない。 学習レベルが一気に上…

数学者の集中力 カール・ジーゲル

「朝九時ごろから数学の勉強をはじめて夢中になって、ハッと気がつくと夜中の十二時になっていることがある。 そういうときに一日分まとめて夜中に食事をすると、どうも胃の調子がおかしくなって困る。」 1981年9月号:科学より

Walter Rudin:PRINCIPLES OF MATHEMATICAL ANALYSIS

一気に寒くなってきた。立冬も過ぎ、冬の気配が漂う朝である。 これくらい冷えると、ドリップしたて熱々のコーヒーが最高に美味い。 NHKのにっぽん縦断こころ旅かおはよう日本を見ながら、食後の一杯が日課となっている。 さて、先日ブログでも取り上げたWal…

数学者の生活 岡潔

私の生活のやり方は、一言でいえば自然に従うということである。 私の研究時間は、おもに夜考える「夜型」の時と、おもに昼間考える「昼型」の時とあるが、季節によって、また日によって、 どちらになるか別に決めているわけではない。 ただ私自身の生理状態…

近況、いよいよ大学数学へ

今朝はとても寒い。久々のブログ更新になってしまった。 この1週間、知恵熱を出しながら高校数学の突貫工事とブログのカスタマイズに明け暮れていました。 数学Ⅲの問題演習が予想外に手強く、40時間ぶっ通しで勉強などというアホな荒行にも挑戦しました。 …

高校数学から、笠原微分積分へ

高校数学の総復習は、意外と時間がかかる。 今、チラッと右手の本棚を眺めたところ、数学Ⅰ~Ⅲ+A~Cの6冊の幅が、 ラング解析入門+笠原微分積分+内田集合と位相の幅と同じ位あることに気付いた。 かなり厚い…。もちろん内容の重さは比べるべくもないけ…

佐藤幹夫の数学:書評

秋雨が降ったり止んだり、少し生暖かい朝である。 昨日のブログで書いた「佐藤幹夫の数学」の詳しい書評pdfを見つけました。 http://mathsoc.jp/publication/tushin/1403/1403oono.pdf この本は素晴らしい。 出版にご尽力された木村達雄先生に、心より感謝申…

岡潔と佐藤幹夫

K.Oka 岡潔と佐藤幹夫。日本の誇る大数学者だ。 その伝説と偉業は世界中に知られており、今日の数学の礎を成している。 縁があって、私はこの二人の熱烈なファンになった。 ここ数年、関連した書籍の復刊ブームで、その人と生涯を知るには困らない。 実のと…

数学書を選ぶ

数学を独学するとなると、目的に合った質の良いテキストが必要です。入念に検討を重ねた結果、以下のものを使用することに決めました。① 笠原 晧司 「微分積分学」 サイエンス社② 内田 伏一 「集合と位相」 裳華房③ 佐武 一郎 「線型代数学 新装版」 裳華房④…