アラフォーの男が、20年ぶりに数学の勉強を始めた

脱サラして数学に人生を賭けた無謀な男の物語

仕事術

最近とても忙しい。

態勢を整え、勉強が軌道に乗るまで毎日UPは難しいなぁ。

リズムを継続するための、現実を創るべく、悪戦苦闘の日々。

 

小説と数学で全くジャンルは違うが、職業生活という超長期戦を生き抜く実践的な仕事術の指南書として、

村上春樹の「職業としての小説家」が本当に参考になる。

多感な20代の前半、私が心酔した唯一の作家だ。

 

職業としての小説家 (新潮文庫)

職業としての小説家 (新潮文庫)