読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォーの男が、20年ぶりに数学の勉強を始めた

脱サラして数学に人生を賭けた無謀な男の物語

近況、いよいよ大学数学へ

今朝はとても寒い。久々のブログ更新になってしまった。

この1週間、知恵熱を出しながら高校数学の突貫工事とブログのカスタマイズに明け暮れていました。

 

数学Ⅲの問題演習が予想外に手強く、40時間ぶっ通しで勉強などというアホな荒行にも挑戦しました。

自分には余り時間がないという危機感と、高校時代の自分に負けまいとする気概が暴走したんだと思います。

おかげで勉強は捗りましたが、丸二日熱を出しました。

 

後、気分転換も兼ねてブログのデザインをあれこれカスタマイズしておりました。

更新をずっと中断していたのですがアクセスが増え、TOPのチャールズの微笑にうんざりした方もおられるのでは?

何度もアクセスして頂いた方、ごめんなさい。どうも集中する性質なもんで。

 

 

最後に大事な話題を。

ある人に数学の洋書をご紹介頂き、英語(原書)で数学を学ぶということに目を開かれました。

PRINCIPLES OF MATHEMATICAL ANALYSIS 3E (International Series in Pure and Applied Mathematics)

PRINCIPLES OF MATHEMATICAL ANALYSIS 3E (International Series in Pure and Applied Mathematics)

 

 

洋書に素晴らしい教科書が多いことは知っていましたが、ビギナーの自分には敷居が高く縁がないと思い込んでいました。

意外と英語そのものは平易なんですね。そして何より内容が素晴らしい。本当に盲点でした。

amazonでも在庫切れだったので、必死に探して真っ新な本をなんとか手元に置くことが出来ました。感謝。

 

参考書として一松信「解析学序説 旧版」を使う予定だったのですが、状態の良い物がなかったのでこれに変更することにしました。

古典の高木貞治も改め、小平先生の解析入門を使用することにします。

 

メインは予定通り、笠原微分積分学&内田集合と位相です。この2冊は、私にとって最初の試練になるでしょう。

ちょっと休憩して、いよいよ大学数学へ。第1章の始まりです。

 

f:id:Matheyan:20161030081023j:plain