アラフォーの男が、20年ぶりに数学の勉強を始めた

脱サラして数学に人生を賭けた無謀な男の物語

今朝、鶯と目が合った。

ベランダから3m程の至近距離、電線にとまって鳴いている。

素早く双眼鏡を構えると、こちらを見ながら大きく体を膨らませてもう一鳴。

新たな決心を、それでいい頑張れよ!とエールをもらったようで嬉しかった。

本日2ヶ月ぶりの更新。五木寛之氏の「他力」を地で行く怒涛の日々である。

全ては2年前の今日から始まった。人生は、面白い。